« ノーフォン | トップページ | ニコンD500 »

2016年1月30日 (土)

鳥にこだわったマンガ

俺、スズメがけっこう好き。

身近な存在で、よく見るとコロコロして可愛いのだが、
ほとんど人間に媚びる事が無い。
そんな身近で地味な存在であるスズメを主人公にした
マンガを発見。

「きょうのスー」(漫画アクション連載)
4コマ形式で、スズメや、カラス、ハト、メジロなど
都市部でも普通に見かける鳥の生活コメディだ。

都市部を舞台にしているが人間はほとんど登場しない。
調べてみると作者のマツダユカさんは、
やたらに鳥にこだわったマンガを描いてるのね。

「ぢべたぐらし」→アヒルが主人公で、ニワトリとか
     飛ばない系の鳥が登場。

「ぢべたぐらし・なんかのヒナ」
     卵から孵った何かのヒナが、近くを歩いてたアヒルに
     「すいません! お母さんですか?!」
    と元気に問いかけるシーンがいきなり強烈な印象を残す。

   お前、本当は何のヒナなんだ?!(^_^;;;

「始祖鳥ちゃん」→ジュラ紀とか太古の時代が舞台。
    過酷な生き残り競争がコメディータッチで。

Nankanohina01_2

鳥の生態にも詳しいようで、鳥マニアしか知らないような
鳥の性格や生活をネタにして、「クスッ」と笑えるマンガに
なっている。

 カラス: 頭は良くて一人遊びが好き。性格は意地悪。
 ハト: 基本的に何も考えていない。アホっぽい。っつーかアホ。
 モズ: 何でも捕まえて枝に刺さずにはいられない業の深い性格。
 ムクドリ: 集団の力で地域を制圧。しかし仲間内は意外にも険悪。
 ツバメ: 一度ここだと決めたらどんな困難な場所でも巣を作ろうとする。

「巣を作る時は蜘蛛の巣を混ぜると作りやすいですよ」
「草の種よりも昆虫の幼虫の方が美味しいわ~」
「雪が降るとエサ無いし寒いし眠いし、マジで死ぬー!」

などなど、鳥世界のリアルが描かれていて、
あんた、何でそんな事まで知ってんのよ!?と突っ込みたくなる。

もしかしたら作者の前世は鳥だった・・・、
いや、きっとそうに違いない!!!(確信)

« ノーフォン | トップページ | ニコンD500 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥にこだわったマンガ:

« ノーフォン | トップページ | ニコンD500 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ